包茎に悩んだときに読んでほしい事

「包茎に悩んだときに読んでほしい事」について

包茎で悩んでいる人のために、包茎の種類や保険、医療機関などについて紹介します。

当サイトのコンテンツ

包茎の定義と種類と治療法

まずはこちらのコンテンツをお読みください。

真性包茎には治療が必要

管理人がおすすめする記事になります。

カントン包茎にも対処は必要

さらに深く知りたい方はこちらもどうぞ!

包茎の定義と種類と治療法

画像
子供のときには誰でも包茎です。亀頭は包皮に覆われていて、そして亀頭と包皮はくっついた状態というのが基本です。成長するにしたがって包皮は徐々にめくれてきて、そして思春期ごろには亀頭が露出するようになります。
これが普通なのですが、いろいろな原因で自然には露出しない事もあります。包茎とはこのように定義づけられます。何らかの理由で先端が狭くなっていて亀頭が露出しないというのが包茎なのですが、これにはいくつかの種類があって、医学的には分類されています。
包茎であっても命にかかわるというわけではありませんから、そのままにしておく人も多いようです。しかし、包茎は不潔になりやすく、いろいろな病気になりやすいという特徴があります。清潔に保っていれば良いのですが、それが難しい事も多いようです。
包茎はいろいろな方法で治す事ができるのですが、その方法もいろいろあります。自分でできるものもありますが、外科手術を伴わなければならないものもあります。軽度であれば自分で行えば良いのですが、重度になれば外科手術によって取り除くことが必要となってくるでしょう。症状にも種類がありますから、症状に合わせて治療方法を選んでいく事が必要です。

新着情報